Top > BRAND<ブランドリスト> > Wで探す > WAREHOUSE【ウエアハウス】

Top > ITEM<アイテムリスト> > BANDANNA・SCARF<バンダナ・スカーフ>

WAREHOUSE【ウエアハウス】
#5227 SELVEDGE INDIGO BANDANA *CIRCLE

価格5,500円(本体価格:5,000円)

[50ポイント進呈 ]

数量
WAREHOUSE【ウエアハウス】#5227 SELVEDGE INDIGO BANDANA *CIRCLE
拡大 Prev Next

*

WAREHOUSE【ウエアハウス】#5227 SELVEDGE INDIGO BANDANA *CIRCLEWAREHOUSE【ウエアハウス】#5227 SELVEDGE INDIGO BANDANA *CIRCLEWAREHOUSE【ウエアハウス】#5227 SELVEDGE INDIGO BANDANA *CIRCLEWAREHOUSE【ウエアハウス】#5227 SELVEDGE INDIGO BANDANA *CIRCLE

WAREHOUSE【ウエアハウス】より、インディゴ反染のセルヴィッチ(両耳)バンダナです。
オリジナルの両耳生地にインディゴ反染を施したのち手抜染でプリントを入れたモノです。
抜染とは抜染剤を使って生地の色を脱色するもので、抜染した部分は真っ白ではなく生成りのようなやわらかい風合いに仕上がります。

WAREHOUSE【ウエアハウス】が所有するヴィンテージのインディゴバンダナを元ネタに、オリジナルの両耳生地を作るところから始まったバンダナです。
ムラ糸で両耳付き(約59cm)の生地を織ること自体が特別なため織ることの出来る工場探しから始まり、その後の工程(反さらし・反染色・抜染)も全国で可能な工場を探しました。
通常の反さらしでは生地に端にピンを指して作業を行いますが、両耳では生地をそのまま使うのでピン跡が残らないようにするためにクリップで留めて作業する工場に依頼しました。
糸染(生地を織る前に糸を染色)ではなく反染(生地になってから染色する)にこだわったのは、抜染した時にプリントをきれいに出すためです。
糸染だと糸全体は染色されますが、反染だと糸の重なっているところは染色されず抜染した時にプリントがきれいに表れます。

*INDIGO
※商品画像のカラーはPC環境等によっても異なり、現物と異なる場合がございます
サイズ:約59cm×約57cm
コットン100%
(注)製造工程の都合上、プリントのずれ・こすれ等が見られる場合がございます
※インディゴ染めについての注意点
摩擦・雨・汗等で色移りする場合がございます、ご注意ください
お洗濯は中性洗剤を使用し単独洗い後、形を整えて陰干してください
お洗濯後の天日干し時(紫外線)も日焼け致しますので、日蔭での乾燥をお願いします
インディゴ染めは蛍光灯でも日焼けは致しますので、ご自宅での保管時(畳みっぱなし)の「お畳み焼け」が出る場合がございます


WAREHOUSE【ウエアハウス】
1995年の創立以来、WAREHOUSE【ウエアハウス】は流行に流されるファッション業界で決して流されない「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」というテーマを追い続けています。
縁あって出会った一着のヴィンテージの生産された時代の背景を考察し、 糸の一本から生地・縫製・そして洗い加工にいたるまで徹底的に研究しています。
さらに生産された当時の無骨さや匂いなどの風合いも消しません。
単に復刻ということでなくサイズアレンジにも取り組み、一着のヴィンテージとの出遭いがある限りWAREHOUSE【ウエアハウス】の探究心が尽きることはありません。
WAREHOUSE【ウエアハウス】は、デザイナーズブランドではありません。
それは当時のワークウエアやデイリーウエアにデザイナーの名前が残っていないように誰が作った衣料であるか分からないからこそ、その衣料がさらに魅力的であると考えるからです。
WAREHOUSE【ウエアハウス】というブランド名は、創立者の塩谷兄弟がアメリカでサンプルのヴィンテージを探している時に「君たちが探しているモノは、WAREHOUSE(古着倉庫)にあるよ」と言われたことに由来しています。