Top > BRAND<ブランドリスト> > Sで探す > SCOSHA【スコーシャ】

Top > ITEM<アイテムリスト> > ACCESSORY<アクセサリー>

SCOSHA【スコーシャ】
BRIAN SIGNET RING #WR56

  • 送料無料

価格22,000円(本体価格:20,000円)

[200ポイント進呈 ]

サイズ US5 US5.5 US9 US10
  ×

△:ラスト1
×:SOLD OUT

数量
SCOSHA【スコーシャ】BRIAN SIGNET RING #WR56
拡大 Prev Next

*

SCOSHA【スコーシャ】BRIAN SIGNET RING #WR56SCOSHA【スコーシャ】BRIAN SIGNET RING #WR56SCOSHA【スコーシャ】BRIAN SIGNET RING #WR56SCOSHA【スコーシャ】BRIAN SIGNET RING #WR56SCOSHA【スコーシャ】BRIAN SIGNET RING #WR56SCOSHA【スコーシャ】BRIAN SIGNET RING #WR56

SCOSHA【スコーシャ】より、ブランドマスコット・BRIAN/ブライアンがデザインされたSIGNET RING/シグネットリングです。

シグネットリングの歴史は古く起源は古代エジプトとも言われています。
英国紳士のファッションは、基本的にシンプルが鉄則とされており華美なアクセサリーなどはNGとされてきました。
英国紳士が唯一しても許されるアクセサリーとして、ヨーロッパ貴族のあいだでシグネットリングは自らの地位を証明する証として広まっていきました。
元々は丸か四角の台座に家紋を掘ったものがシグネットリングと呼ばれ、おもに左手の小指につけられていました。
封蝋のために用いられることもあり、この紋章や印章を押し付けて「この手紙は間違いなく自分が書いて封をしたもの」と示す役割もあったそうです。
14世紀に入ると公文書にはシグネットリングで印を押さないといけないという正式に法律が作られるほど紳士にとって重要なアクセサリーと変化していきました。

シルバーアクセサリーの銀含有率が、92.5%の物をスターリングシルバーと呼びます。
スターリングシルバーには「本物の・価値のある」等の意味があり、純銀の含有率が92.5%であれば銀製品としての価値があるということを表しているようです。
そのため、スターリングシルバーには「STERLING」や「925」等の刻印が入っています。
※このモデルでは、925の刻印が入っています

リング幅:約3mm
台座部:約7mm
MADE IN U.S.A.

USサイズ 対応日本サイズ 直径(内径) 円周(内周)
US5 9号 約15.7mm 約49.3mm
US5.5 10号 約16.1mm 約50.6mm
US9 18号 約19mm 約59.5mm
US10 20号 約19.8mm 約62.1mm
※商品画像のカラーはPC環境等によっても異なり、現物と異なる場合がございますのでご注意ください
(注)ハンドメイドのため形状が個々に若干の異なり、小傷・くすみ等がみられる場合がございます
ハンドメイド独自の雰囲気をご理解ください
ブランドオリジナルの外箱が付属しております

SCOSHA【スコーシャ】
オーストラリア生まれのデザイナー、スコーシャウールリッジによるハンドメイドジュエリーブランドSCOSHA【スコーシャ】
ニューヨークにある工房でハンドメイドで制作されています。
アートやダンスの経験を持つ彼女は、新しい感性を追求するために20代でオーストラリアを離れ放浪の旅をし、その土地土地の伝統的な技術や感性と出会い自らアートを製作しトレードすることでボヘミアンな旅をしていました。
その経験を活かし、ジュエリーコレクションを生み出しています。