Top > BRAND<ブランドリスト> > Wで探す > WAREHOUSE【ウエアハウス】

Top > ITEM<アイテムリスト> > OUTER<アウター>

WAREHOUSE【ウエアハウス】
#2001XX (1920'S MODEL) / Rope Dyed Natural Indigo

  • 送料無料

価格41,800円(本体価格:38,000円)

[380ポイント進呈 ]

サイズ 38 40 42
 

△:ラスト1
×:SOLD OUT

数量
WAREHOUSE【ウエアハウス】#2001XX (1920'S MODEL)
拡大 Prev Next

*

WAREHOUSE【ウエアハウス】#2001XX (1920'S MODEL)WAREHOUSE【ウエアハウス】#2001XX (1920'S MODEL)WAREHOUSE【ウエアハウス】#2001XX (1920'S MODEL)WAREHOUSE【ウエアハウス】#2001XX (1920'S MODEL)WAREHOUSE【ウエアハウス】#2001XX (1920'S MODEL)WAREHOUSE【ウエアハウス】#2001XX (1920'S MODEL)WAREHOUSE【ウエアハウス】#2001XX (1920'S MODEL)WAREHOUSE【ウエアハウス】#2001XX (1920'S MODEL)WAREHOUSE【ウエアハウス】#2001XX (1920'S MODEL)WAREHOUSE【ウエアハウス】#2001XX (1920'S MODEL)WAREHOUSE【ウエアハウス】#2001XX (1920'S MODEL)WAREHOUSE【ウエアハウス】#2001XX (1920'S MODEL)

WAREHOUSE【ウエアハウス】より、定番#2001XXのNEWモデル・1920'S MODEL / Rope Dyed Natural Indigoです。
7.5番×7.5番の天然インディゴ50%と合成インディゴ50%をブレンドしたデニムを使用しています。
通称・ファーストと呼ばれるデニムジャケットの元祖というべきモデルです。

「1927 ブルズアイ」と呼ばれるファーストモデルに初めてポケットフラップが付いたもので、袖付けもそれまでと異なりアームホールが弧を描いていることから、フィット感を高めようと考えたことが想像できます。
ボタンはジーンズの「トップボタン」が使用されず、小股用のスモールサイズが使用されています。
デニム生地は「青みの残る濃いインディゴ」をイメージし、淡いブルーの天然藍と濃いブルーの合成インディゴをミックスしてロープ染色して当時の風合いを再現しました。
初めて付けられたポケットフラップはラウンドしており、赤タブは存在していません。
襟はこの時代特有の小ぶりなもので、一般的な鋭角でなくほぼ直角でこれは1920年代までに見られるディテールです。
シンチバックも当時のディテールで、この時代のものは針の支柱とバックル付け根までが狭くなっています。
プリーツのスクエアステッチは非常に小さく施され、ポケットの 2 本針縫製は特徴的で曲がり角で内側のステッチが交差しないため “三角” がありません。


7.5番×7.5番 50%天然インディゴセルヴィッチデニム
鉄製タックボタン(スモールサイズ)
ベジタブルタンニングディアスキンラベル
鉄製バックル
MADE IN JAPAN

サイズ 肩幅 身幅 着丈 袖丈
38 51cm 56cm 65cm 67cm
40 53cm 58cm 67cm 69cm
42 55cm 60cm 69cm 71cm
個体差がありますので実際の数値の前後については、予めご了承ください
商品画像のカラーはPC環境等によっても異なり、現物と異なる場合がございますのでご注意ください
(注)未洗いのためお洗濯で縮みが生じます
※鉄製バックルに小傷・くすみ等がみられる場合がございます

WAREHOUSE【ウエアハウス】
1995年の創立以来、WAREHOUSE【ウエアハウス】は流行に流されるファッション業界で決して流されない「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」というテーマを追い続けています。
縁あって出会った一着のヴィンテージの生産された時代の背景を考察し、 糸の一本から生地・縫製・そして洗い加工にいたるまで徹底的に研究しています。
さらに生産された当時の無骨さや匂いなどの風合いも消しません。
単に復刻ということでなくサイズアレンジにも取り組み、一着のヴィンテージとの出遭いがある限りWAREHOUSE【ウエアハウス】の探究心が尽きることはありません。
WAREHOUSE【ウエアハウス】は、デザイナーズブランドではありません。
それは当時のワークウエアやデイリーウエアにデザイナーの名前が残っていないように誰が作った衣料であるか分からないからこそ、その衣料がさらに魅力的であると考えるからです。
WAREHOUSE【ウエアハウス】というブランド名は、創立者の塩谷兄弟がアメリカでサンプルのヴィンテージを探している時に「君たちが探しているモノは、WAREHOUSE(古着倉庫)にあるよ」と言われたことに由来しています。