Top > BRAND<ブランドリスト> > Wで探す > WAREHOUSE【ウエアハウス】

Top > ITEM<アイテムリスト> > PANTS<パンツ>

WAREHOUSE【ウエアハウス】
DD-1003SXX (1945 MODEL) O/W

  • 送料無料

価格29,700円(本体価格:27,000円)

[270ポイント進呈 ]

サイズ 32 33 34
  ×

△:ラスト1
×:SOLD OUT

数量
WAREHOUSE【ウエアハウス】DD-1003SXX (1945 MODEL) O/W
拡大 Prev Next

*

WAREHOUSE【ウエアハウス】DD-1003SXX (1945 MODEL) O/WWAREHOUSE【ウエアハウス】DD-1003SXX (1945 MODEL) O/WWAREHOUSE【ウエアハウス】DD-1003SXX (1945 MODEL) O/WWAREHOUSE【ウエアハウス】DD-1003SXX (1945 MODEL) O/WWAREHOUSE【ウエアハウス】DD-1003SXX (1945 MODEL) O/WWAREHOUSE【ウエアハウス】DD-1003SXX (1945 MODEL) O/WWAREHOUSE【ウエアハウス】DD-1003SXX (1945 MODEL) O/WWAREHOUSE【ウエアハウス】DD-1003SXX (1945 MODEL) O/WWAREHOUSE【ウエアハウス】DD-1003SXX (1945 MODEL) O/WWAREHOUSE【ウエアハウス】DD-1003SXX (1945 MODEL) O/WWAREHOUSE【ウエアハウス】DD-1003SXX (1945 MODEL) O/WWAREHOUSE【ウエアハウス】DD-1003SXX (1945 MODEL) O/WWAREHOUSE【ウエアハウス】DD-1003SXX (1945 MODEL) O/W

WAREHOUSE【ウエアハウス】より、大戦モデルのために開発したデニムを使用し終戦年のモデルを再現した・DD-1003SXX (1945 MODEL)です。

DDシリーズは、ヴィンテージの「歪さ(いびつさ)」すらも完全再現することをコンセプトとしています。
第二次世界大戦の影響で簡素化され生まれたのが、通称「大戦モデル」です。
品番に付く"S"はSimplified(簡略化された)という意味です。
大戦モデル用に開発したデニムは、戦時中のヴィンテ−ジデニムを分析したタテ6.7番×ヨコ6.6番の糸で織り上げた14オンス強のデニムです。
ロ−プ染色前の精錬工程を一般的な高温ではなく常温の水で行うことにより糸の中心に白がハッキリと残る「中白糸」となり、'40年代のヴィンテ−ジデニムのタテ糸を忠実に再現しています。
インディゴ染料の濃度を上げることにより「中白糸」とのコントラストが出て、'40年代のヴィンテ−ジデニムのようなメリハリのある色落ちが期待できます。

フロント裏側がロック処理がされないためデニム生地にほつれが見られたり、ペンキに省略されたバックポケットの飾りステッチなど大戦時ならではの「歪さ」を再現しています。
オールイエローの縫製糸・刻印の有無がランダムなリベット・オリジナルフロントボタン・隠しリベット上のカンヌキ止など大戦モデルの仕様が満載です。
大戦時に省略された箇所が徐々に戻る仕様で、コインポケットのリベットが打たれているにもかかわらず補強の縫い返しも残っているというマニアックなディテールです
ピスネームを上下に白いラインの入るレアな仕様も再現し、さらに上から縫い付けています。
革ラベルにはエイジング加工を施しています。
オリジナルヴィンテージを忠実に再現したシルエットは腰周りにややゆとりがあります。

コットン100%(6.7番×6.6番)
MADE IN JAPAN
オリジナルバラック付属

サイズ ウエスト 股上 股下 ワタリ 裾幅
32 84cm 31cm 82cm 31cm 21cm
33 86cm 31.5cm 82cm 32cm 22cm
34 88cm 32cm 82cm 33cm 23cm
個体差がありますので、実際の数値の前後については、予めご了承ください
商品画像のカラーはPC環境等によっても異なり、現物と異なる場合がございますのでご注意ください
(注)洗い済みのため、洗いシワ等がみられる場合がございます、ご了承ください
エイジング革ラベルのため商品毎にラベルの状態が異なります、ご了承ください

WAREHOUSE【ウエアハウス】
1995年の創立以来、WAREHOUSE【ウエアハウス】は流行に流されるファッション業界で決して流されない「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」というテーマを追い続けています。
縁あって出会った一着のヴィンテージの生産された時代の背景を考察し、 糸の一本から生地・縫製・そして洗い加工にいたるまで徹底的に研究しています。
さらに生産された当時の無骨さや匂いなどの風合いも消しません。
単に復刻ということでなくサイズアレンジにも取り組み、一着のヴィンテージとの出遭いがある限りWAREHOUSE【ウエアハウス】の探究心が尽きることはありません。
WAREHOUSE【ウエアハウス】は、デザイナーズブランドではありません。
それは当時のワークウエアやデイリーウエアにデザイナーの名前が残っていないように誰が作った衣料であるか分からないからこそ、その衣料がさらに魅力的であると考えるからです。
WAREHOUSE【ウエアハウス】というブランド名は、創立者の塩谷兄弟がアメリカでサンプルのヴィンテージを探している時に「君たちが探しているモノは、WAREHOUSE(古着倉庫)にあるよ」と言われたことに由来しています。